東京ネイリストのネイルアート

東京ネイリストのネイルアートお洒落ブログ

ジェルネイルのデコグッズコレクションは楽しい

 

私は毎月勉強も兼ねて別のネイルサロンでジェルネイルをしているのですが、ネイルサロンに置いてあるネイルシールやストーンは種類が限られているので、最近はいつもネットで購入しておいたマイネイルシールやストーンを持って行って付けてもらっています。

 

実は私は凝り性なので、ジェルネイルのデザインでもいろいろなファッション雑誌やタウン情報誌に載ってある写真を切り取ってスクラップしたり、ネイルシールやストーン等のデコグッズもネットのジェルネイル専門店でレアな物や可愛い物を見つけたら購入しておくようにしているのです。

 

だからいつもネイルサロンのネイリストの方に、「このシール初めて見ました、どこで購入されましたか?」とびっくりされます。

 

ネイルサロンの方も、新しいデザインの発見になってすごく勉強になるらしいです。

 

最近では、ネイルシールもブランドのロゴや有名なキャラクター物が多く出回っていてバラエティに富んでいるので、よりオリジナルなアートが楽しめるみたいです。

 

こんな風におしゃれもとことん突き詰めていくと、面白いですね。

 

 

友人も恋人もSNSチャットから

 

10代からの友達もみんなどんどん結婚していき子供が生まれる30代。私も昨年子供が産まれ、子供中心の生活になり、以前のようにみんなでランチに行ったり飲み会をしたりと話をする機会がなくなりました。

 

友達の中には旦那さんが遠方出身のため離れ離れになってしまった子もいます。昔であれば到着までに時間がかかる文通、お互いの時間を気遣う電話などですが、今は便利なSNSがあります。

 

facebookで近況を日記のように読めたり、育児の相談もLINEで気軽に送信できます。顔を見て話すわけでもないのですが女性同士でしか共感できない辛い部分の愚痴などかなりのストレス発散の場であり、楽しい出来事の共有の場になっています。学生時代の友達が今ではSNSで繋がったママ友になりました。

 

facebookでは学校卒業以来連絡をとっていなかった友達とも繋がることが出来ました。SNSがある時代に生まれてよかったなと思います。ちなみに主人との出会いもSNSです。主人は当時東京、私は大阪でゲーム仲間だったのですがスカイプを通して仲良くなり、そこからお付き合いがはじまりました。

 

私のまわりでもSNSからの繋がりで結婚をした方も多く、友達だけではなく恋人も今はSNSで見つかる時代なのかもしれません。

 

 

スマートフォンライブチャット

ツイッターはブラウザゲームの艦これ公式の情報がツイッター情にしか流れないようなので、ほぼこの情報取得のためだけにアカウントをとりました。一応、スマホの方のツイッターアプリにもアカウント情報は入力してはあります。ですが、ツイッターは情報の取得専用として、ツイートは一切行っていません。

 

それは、あちこちのツイッターヘビーユーザの様子を見聞きしていると、明らかにツイッターに「追い立てられている」ように見受けられる人たちが多くいるからです。LINEなどのインスタントメッセンジャーも同じように感じますが、どうしても情報行き来のペースが速すぎる気がしてしまいます。

 

きちんと自己管理しきらないとあふれかえる情報に飲み込まれて、四六時中スマホ画面を睨んでいなければならないかのような、そんなイメージがあるからですね。わたしは、そこまで密にどこかの誰かと24時間常に繋がっていたいとは思いません。また、本来であれば140文字の単文に自分の思いをきちんと盛り込むのは、長文を書くよりはるかに大変だとは思いますが、それをやっていると思えるツイートがほとんどないのも理由の一つです。

 

わたしは文章を書くことで自分の思考をまとめる人間ですから、中身の薄い単文ばかりのやりとりでは、多分、きちんといろんなことに向き合って考えるという習慣が失われてしまうと思いますので。

スカイプは無料で電話やテレビ電話もできるチャットツールで、スカイプのソフトウェアを使っている人同士ならば無料で24時間でも話し続けることができます。

 

特に海外に友人が住んでいる場合はスカイプを利用するメリットはかなり大きいと思います。普通に電話するだけで物凄くお金がかかりますからね。それが最近では無料でテレビ電話まで海外の友人といくらでもできるのですから、昔の人はとてもうらやましがっていますよ。

 

昔の国際的遠距離恋愛ではメールもチャットもなく、テレビ電話など夢のまた夢で、国際電話すら高すぎてめったにかけれずとにかくひたすら辛いものだったそうですから。

 

でも最近ではスカイプなどのおかげで国際遠距離恋愛も随分と変わってきました。私や周りの友達でも経験があるのですが、スカイプがあればいつでも顔を見ながら一緒にいれる感覚になりますから、昔と比べて遠距離恋愛もうまくいきやすいです。またスカイプがあれば遠く離れてしまった友人との仲も続きやすくなりますよ。

現在、様々なインターネットでの交流方法が台頭していますが、私はまだまだ根強い人気を持つスカイプを利用しています。スカイプが流行し始めたのは5年位前なのですが、未だに多くの人が利用をしていると思います。

 

こういったツールは利用者の多さが肝心と思うのです。もし、これから別のチャットツールが流行すれば、自分一人だけスカイプを所持していても、誰ともコンタクトを取れなくなってしまうので、新しいツールに移行をしなければならなくなります。

 

年を取ると新しいツールの利用に戸惑ってしまうので、これからも利用し慣れているスカイプが流行し続ければ良いのにな、と思っています。スカイプはチャットができるだけでなく、通話もできますし、ビデオ通話だって可能なのですからかなりの多機能であると感心をしています。

 

特にビデオ通話、というのは画期的であり、交流をする上での効果的なツールとして用いています。ビデオカメラ内臓のパソコンが増えていますし、ビデオにてますますスカイプを活用できます。

 

スカイプは、パソコンを立ち上げている間は常に稼動しているのが一般的です。そのために、知り合いがINをしたらすぐに分かりますし、話し掛けられたりしたらすぐに応じる事が可能であり、とても便利な物となっています。

 

スカイプの画面をずっと見ていなくとも、スカイプになんらかの反応があったら、パソコン画面下に、一時的なメッセージが表示されますし、そのメッセージが消えた後であっても、チャットや着信があったら、タスクにあるスカイプのアイコンが黄色くなり、一瞬で変化に気付くのですぐに応対できます。

 

スカイプはパソコンを立ち上げると同時に立ち上がり自動的にINをし、パソコンを消す際にも一緒にスカイプもログアウトします。その利便性が逆にあだとなり、スカイプが気になって仕事に集中できないよ、スカイプが重くて邪魔だよ、なんて時にはスカイプをログアウトし、完全に消す事もできます。他人からメッセージがあれば瞬時に分かる、というのが利用継続の一因です。

「KY」という言葉が流行ってからずいぶん年が経った気がするが、LINEが大流行している昨今こそ、その言葉が身にしみるというものだ。私がLINEをはじめてから1年が経つが、当初はLINEでの会話の難しさに頭を抱えたものだった。

 

それまではスカイプなどのチャットサービスを利用したこともあり、チャットという物自体にはさほどの抵抗も苦手意識もなかったのだが、LINEがそれまでのチャットサービスと違うところはチャット相手が「書き込み中」である表示がでないということだった。

 

これがないと会話のタイミングがなかなかつかめない。まじめな話し合い中などで連投してしまっても悪いきがするし、話題を変えたくてもかえられないことがしばしばあった。

 

特にグループラインともなるとその難しさは倍以上。発言のタイミングさえつかめずロム専に…ということは数知れず。しかしながら、2ヶ月・3ヶ月とLINEに慣れて行くうちにいわゆる「空気を読める」ようになってきたのかスムーズなやり取りが出来るようになって行った。

 

苦戦したあの頃が嘘のようである。いまとなってはメールに取って代わっているほどだから驚きだ。人は慣れて行く生きものなのだなぁと強く実感せずにはいられない。

 

LINEになかなか馴染めないという人、すべて杞憂ですよ。数年前に世間に求められた空気を読む術さえあれば後は時間が解決してくれるでしょう。

私は大人になってから知り合った友人に何度かお金を貸してほしいと頼まれたことがあります。またその友人は他の私との共通の友人にも同じように借金を頼んだことがあるようでした。

 

私に借金を頼む以前にその共通の友人からそういったことを聞いていたので、お金にはだらしがないのだなと思っていましたが、まさか私にまで借金を頼みに来るとは思ってもいなくて最初は驚きました。

 

ただ額は数千円だったので私でもすぐに貸せる額でした。そして断るのもなんとなく気まずいため、数千円ならいいかなと思いその場で貸しました。もちろんそのお金はすぐに返ってきましたが、その代わり一度貸してしまうとまた貸してほしいと何度も頼まれるようになり、だんだん額も大きくなっていきました。

 

ときには10万円ほど貸してほしいと言われたこともあります。さすがにそれだけの額はすぐに貸すというわけにもいかず、また額も大きいため断りましたが、断った後も頻繁にお金を貸してほしいと言われました。

 

そうして結局何度か貸して返してを繰り返しているうちに貸したお金が返ってこなくなり、こちらから催促もしにくいため数万円ほどは返ってこずに諦めました。

私は先日初めて脱毛サロンで脱毛をしました。最初は脱毛サロンでの脱毛と自宅での自分でやる無駄毛処理ではそこまで差が出るのかと半信半疑でしたが、実際にやっていて満足度の高さに驚きました。

 

まず私の場合には初回限定のコースを利用したという事で料金もとても安くすみました。なんと両脇の完成コースがたったの600円で受ける事ができたのです。

 

ここまで安い料金で脱毛をする事ができるなんてそれだけでもかなり驚きですよね。そして安いからと言って脱毛が適当だったり、質が悪いと言う事は一切ありませんでした。

 

脱毛をする度に綺麗になっていく事がわかりましたし、最終的な仕上がりもとても満足のいくものでした。

 

自宅での自分で行う無駄毛処理とは比べ物にならないくらい綺麗になりましたし、人にやってもらうので手間もかかりませんしとてもおすすめです。まだ脱毛サロンを利用した事がないという方には是非おすすめですよ。是非参考にしてください。

私は現在、銀行系のカードローンで借り入れをしています。そもそもの発端はクレジットカードのリボ払いでした。当初はリボ払いって便利だなぁと思ってました。上手く使えば便利なのでしょうが…

 

買い物をして少しずつ返済する。これは確かに便利です。しかし、ちょっとした落とし穴(?)的なモノもあります。私の場合、携帯の料金をクレジットカード払いにしていたのですが、しっかり少しずつ返済をしていても毎月、携帯代が乗ってしまう為、気付けば月々の支払いをしていても利息が高くついてしまい返済が減るどころか増えていってしまいました。

 

気付いた時にある程度まとめて返済してしまえば良かったのですが運悪く丁度、仕事の転職が重なりまとまった資金を用意する事が出来ませんでした。

 

とはいえ、このままでは返済がいつまでも続いてしまうと思い色々と調べた結果、銀行のカードローンというものに行きつきました。こちらに関しては月々の返済が決まっており、それも結構な少額で済む。

 

その為、申し込みをして借入をしました。その後は、携帯代はクレジットカードのままで月々一括で支払いカードローンで借り入れた分を少しずつ返済することで生活にもある程度のゆとりを持つ事が出来ました。

 

銀行系カードローンの良い所は利率もクレジットカードに比べて低い事ですね。無駄に払うものが少ないと思えると気持ちも楽になります。ただ、こちらも使い方を間違えば借金地獄になる恐れもあると思います。

 

今は借り入れ多分を早く終わらせようと日々節約し無駄な買い物をしない。というか、買い物があれば基本は現金で払うようにしています。

 

ある程度、借り入れが増えてしまった場合はカードローンも有効なのではないでしょうか??借金無い方が良いですが…

スカイプにはプロフィール画像の設定ができ、その画像は自分の名前の横に常に表示され、誰からでも見られることができます。
通話中もその画像が表示されるので、これが自分だよ、と自己主張をすることができます。また、愛犬や、お気に入りのグッズの写真を貼り付けて、これが好き、とアピールしている人も居ます。

 

この画像欄は遊びにも利用でき、犬の写真に設定し、犬のモノマネをしてなりきる人も居ます。勿論、貼る画像が無い人は、画像が空欄のままでも大丈夫です。

 

スカイプはシンプルながらも多機能であり、チャットの着信音を変える、文字の大きさを変える、などができます。ただ、私的な不満としては、背景の色が変えられないことです。

 

スカイプの背景は白背景であるのですが、白は一番目が疲れる色です。この背景色をどうにか変えられないか、と調べた事がありますが、どうやら変更不可能なようです。そういった点も改善して、より利用しやすいスカイプになってほしいですね。

ここ数年の秋から来春にかけて、抜け毛が多くなり毎回のシャンプー時は本当に怖くなってきました。これからもこの抜け毛が続くと思うとぞっとするので、育毛剤を使って抜け毛を食い止めたいと思ったのです。

 

どの育毛剤を使うかとても迷いましたが、どれも結構な値段なので本当に悩みました。その中でリーズナブルな育毛剤があったので、ダメもとと思って買ってみました。

 

早速シャンプー後のタオルドライをした地肌に、気になる部分にスプレーをして、優しくマッサージを行ないました。爽やかな微香性の香りなので、トリートメントなどの匂いと混ざらないのがいいと思いました。

 

スーッと地肌に入る感じで、優しくマッサージをするととても気持ちが良く、これで育毛が出来るのならいいかもと思うものでした。

 

翌朝鏡を覗いて感じた事は、何も変化がありませんでした。一日で毛が生えたらそれこそ変ですから、当たり前なのですが、やはり少しでも早く、抜け毛を防いでよい髪を育てたいと考えているので、気持ちが焦っていたのだと思います。このまま使い続けて、抜け毛から開放されたいです。

 

続きを読む≫ 2013/11/26 02:04:26 ヘアケア